斜めに向いて立つスタンスは、ミドルと呼ばれているほか、中間型スタンスとも呼ばれています。
どのようなポイントで初心者向きかと言いますと、的が狙いやすいという点、また、ダーツを投げやすいという点もあります。
「ボードに対して正面を向いていたほうが、的を狙いやすい」という人もなかにはいますが、正面を向いてしまうと、的に当たるときと当たらないときの差が激しく出やすいので、特典も上下しやすいのです。
要するに、デメリットが少なく、初心者でも安定して投げられるのが、ミドルのスタンスということになります。
ダーツをする人を見ても、このミドルスタンスで投げている人が圧倒的に多いことに気づくでしょう。
もちろん、上達する練習方法としては、ミドルスタンスだけではなく、たまには正面を向いて投げてみることも必要です。

最初に楽な体勢を取っておくと、投げるときも、体が動きやすいという点があります。
動きやすいことは、良いことなのですが、体がぶれるという欠点にも繋がります。
ぶれないスローが出来るようになれば、上達に繋がります。
安定して点数を取るためには、何回も同じ動きで投げる必要がありますので、投げるアクションが、そのまま再現しやすい体勢が一番、よいでしょう。

体がぶれないことも大事なので、この点に気をつけて、練習方法には、スタンスを調節したり、角度をちょっと変えてみたり、変化を取り入れて自分の最適なポジションを見つけ出してください。
正面を向いたスタンスで練習してみたいときは、普段、自分がやっている楽に感じる斜めのスタンスから、体をひねり、「ちょっと苦しいな」という手前で止めてください。
その位置をキープしながら、投げて練習してみましょう。