ダーツの部分で、シャフトと呼ばれているところは、バレルと繋がっている部分であり、ここを長くしたり短くしたりと変化をもたせることが出来ます。
シャフトが長いと、投げたときに安定しやすいですし、初心者であっても、力をいれず、遠くまで飛ばすことが可能です。
反対にシャフトが短いと、シュッとした鋭い投げ方が出来るようになります。
素材にもいくつかあり、一般的なシャフトは、プラスチックやアルミで出来ています。

フライトと呼ばれている羽の部分は、シャフトとの相性を考えるべき部分であり、長めのシャフトの場合、フライトは大き目がよいでしょう。
そして、短めのシャフトでしたら、フライトを小さくしておくと、バランスが良くなります。
バランスが良いダーツは、コントロールが良くなりますので、こうした組み合わせを自分で考えることも、ダーツのおもしろさでしょう。

練習方法としては、長めのシャフトを使い、身体には力をいれず、構えたら腕をすっと振るだけで投げるようにしてください。
この練習方法が、狙った場所に飛ばしやすい方法だと思いますし、繰り返しているうちに上達するでしょう。
また、上級者向けのシャフトには、重量のあるものや、もっと軽くするために穴を開けているものもあります。

いくらかっこよくても得点が上がらないと何もなりませんから、狙ったところを確実に刺せるような、バランスの良いダーツを作りたいものです。
その際は、全体のバランスがとても大事なので、その点を考えながら、シャフトの長さ、素材を選ぶようにしてください。
バレルとの相性もあると思うので、いろいろなデザインの中からお気に入りのものを組みあわせることも楽しいですよね。
このように上達のためには、パーツにこだわることも大切です。