みなさんは、ダーツが上達するために、どのような練習方法をしていますか。
ダーツのコツは、楽に構えて、リラックスした状態で投げられることです。
変に力が入ると、ダーツがあまり飛ばず、的に届かなかったり、また、狙ったところとは別に、思わぬ方向へ飛んでいったりすることもあります。
そのために大切なことが、スタンスです。
そして、ダーツは何回も投げますから、安定して点数をゲットするためにも、自分の最適な体勢を身体に覚えさせておかなければなりません。

では、上達するための、ダーツのスタンスとは、一体、どのようなものなのでしょうか。
みなさんも、ご存知のように、スタンスには個人差があります。
それぞれが楽だと思うスタンス、投げやすいスタンスで構えればよいということが、ダーツの基本中の基本です。
ダーツの練習方法に、「スタンスはこうでなければならい」という定義はありません。

投げる線、所謂、「スローライン」にまず、立って、投げやすい体勢になります。
これが、それぞれの基本の構えとなるわけですが、ほとんどの方が肩幅くらい広げています。
肩幅くらい開いて立ったほうが投げやすいという方が多いので、平均的な幅だと思います。
投げる前に、立つ構えですが、正面だったり、斜めになったり、人それぞれですよね。
初心者の方でしたら、練習方法としては、ボードに向かって斜めに立ったほうが、的に当てやすいかもしれません。
角度は自由ですが、初めての方は、斜めに構えてみましょう。