ダーツは遊びのような感覚で楽しめるところが人気ですが、真剣にやろうとすると、これはかなりコツがいるスポーツです。

呑みながら、仲間内でわいわいと、投げては喜んでいる程度なら、練習する必要はないと思いますが、真剣に上達したいのなら、初心者のときから、きちんと基礎を学び、正しい練習方法が大事です。

飲み屋さんでダーツを投げてみて、そこからダーツにはまってしまったという方も増えてきていますので、ここでは初心者向けの練習についてご紹介します。

ただ遊びで投げているだけでは、幾らダーツを投げていても、上達はしません。

ダーツの初心者は、真っ直ぐ、的をねらって投げている方がほとんどです。

それは、「的にむかって、ダーツが真っ直ぐ飛んでいく」と思っているからで、初心者の場合、そうしたイメージのもとに投げています。

この練習方法でも、目標ターゲットに入れることは可能ですが、ダーツを真っ直ぐ飛ばすことが、慣れない初心者にとっては難しい技術です。


ダーツを飛ばすにはある程度のスピードが必要で、勢いがないと、真っ直ぐには飛んでいきません。

初心者でも、腕の力に自信があり、ダーツを早く、力強く、真っ直ぐ飛ばせるのであれば、「真っ直ぐに狙う」という方法もOKです。

ただ、ダーツは、早さや力強さを競うものではなく、的にきちんと刺さるか、その正確さを競うゲームです。

しかも、同じ場所へ、ダーツを刺すためには、同じ投げ方をしないと入りません。

初心者は、動く部分を最小限にし、同じ投げ方が出来るように、練習方法を改善することが上達の秘訣です。

ダーツにおいて、パワーやスピードはそれほど重要ではありません。

的までの長さは、2メートル44センチほどですので、女性が力を抜いてゆっくり投げてもちゃんと届く距離です。

放物線を描いて的に刺さる、というイメージを持ち、まっすぐ飛ばすというよりは放物線を描いて飛ばすことが、ダーツの投げ方としては正しい方法だと思います。

ダーツが飛ぶ放物線を頭のなかに描き、それをイメージした練習方法にしましょう。

初心者が上達しない原因は、我流の投げ方をしているケースが目立ちます。

平均点があがらない、点数にばらつきがある、調子が良いときと悪いときの差がある、というような方は、投げ方のコツが理解できていないと考えられます。