カウントアップ


ヒットしたエリアの数字を得点として加算していく、非常に簡単なルールのダーツゲームです。

1ゲームに3本のダーツを投げて、8ラウンド終了時の合計得点を競います。

初心者はもちろん、ダーツ上級者でも、とりあえずカウントアップという感じのゲームです。

ゼロワンゲーム


301点・501点・701点など、持ち点を決めてスタートし、ヒットしたエリアの数字を引いていき、持ち点がちょうど0(ゼロ)になった人があがりというゲームです。

最も早くあがったプレーヤーが勝者です。

そのため、先に投げる人が少し有利になります。

1点でもオーバーしてしまうと「バースト」となり、そのラウンドの点数はもとに戻ります。

あがるのが難しいですが、狙った数字に入ってあがれたときは快感です。

クリケット


クリケットは2人以上でプレーします。

例えるとすると陣取りゲームです。

陣地を拡大し、最終的な点数を競うゲームです。

使用するのは15・16・17・18・19・20・BULLのみ。

ひとつのエリアに3マークすることで自分の陣地となります(クローズ)。

たとえばシングルエリアならば3本、トリプルのエリアならば1本でOK!

4マーク目以降は、自分に点数が加算されます。

自分が陣地としたエリアでも他の全プレーヤーがそのエリアをクローズすると、加点はできなくなります。

つまり、誰よりも早くエリアを確保し、どれだけ点数を稼げるか、というゲームです。

ハーフイット


ハーフイットは、1ラウンドごとに指定されたエリアがあり、そこに入れた分を持ち点に加算していき、最終的な持ち点を競うゲームです。

40点を持ち点としてスタートしますが、1スロー(3投)で指定エリアに1本も入らなかった場合には持ち点が半分になってしまいます。

3本のうち1本は確実に入れて、点数の半減を極力避けることが勝敗のカギとなります!