今のままのダーツ 上達には可能性がない



礼をつくす会社、礼をつくすダーツ 上達


こんにちわ、こんばんは。
?木高志です。

今、また 自分の中で静かに、激しい戦いが巻き起こっています。
日々、取り組んでいる練習の甲斐なく
腕は落ちる一方で
一応俯瞰的に見て、やった方がいい事を主体にしてはいるのですが
矢は走らないわ、グルーピングしないわ
特にクリケットナンバーが異様に合わなくて
心折れそうです
ダーツとは、さも苦しいものなのかと。
「~しなければならない」
「~してはいけない」
強迫観念に近いものに追い立てられて
日々練習に取り組んでいますが
収穫らしきものがなかなか得られず
「上達する事は諦める」
「楽しく投げる」
それがきっとスタートラインなのかも知れませんが
なかなか1年生の気分にはなれないものですね。
正直、
連日仕事で遅くなって疲れて帰ってきた時などは
「1日くらい練習をサボりたい」時もあります(笑)
「やっても同じだろ」と、うすうす思う事もあります(笑)
実際のところ肉体的に疲れ切っている時などは集中力が足りなくて練習が時間通りのムダになっている事もあると思います。
そして
「疲れているし遠いし夜遅くなるし調子悪いし試合なんて出たくない」と思う事もあります(笑)
「こんな軽くて細長いバレルなんか投げれんわ!」当初の目的を忘れてはいませんが、比較的ラクに飛ばせるトルピードバレルに戻りたくなる事もあります(笑)
いずれにしろ、楽しめていないことは事実で
なおかつやはり、「いまだ上達を志している」事に変わりはなくて
その辺に矛盾が生じて苦しんでいます。
少し疲れているのかな、とも思います。

急がば回れ、と言いますが
的を狙わない練習も必要なのかもしれません。
例えば、リリースと飛びだけ練習する日もあっていいと思います。
「1日でも練習していないと不安」
そういう段階をそろそろ乗り越えられると良いのですが
その強迫観念が転落の原因になったのかもしれないし。。
でも悪いと余計追い込んで練習してしまうんですね(笑)人によるかも知れませんが。
これだけ悪くても、「一瞬ダーツが一気にEASYになりそうな予感」がする時があるんです(笑)多分気のせいなんですけど(爆)
いずれにしろ、今日はもうタイムオーバーです。
戦える状態に何とか近づけたいのはヤマヤマなんですが、、、一旦ダーツを置いて、明日の仕事に向けて休むとします。
時間のある時に気持ちを切り替えて新たな気持ちでボードと向き合えるようにしておきます。

精神的なものと肉体的な疲労、ちょっと疲れていますね。
何とか気持ちを切り替えて上手く付き合っていきたいなと思います。
ほなまたのー?