とりあえずダーツ 上達で解決だ!



ダーツ 上達があれば 晴れた日は、猫になりたい。


たまに、暇つぶし程度にダーツの練習法やらのサイトを見てたりします。
検索上位にくるやつは大体それっぽいこと書いて、DVDを買わせるって流れのやつですよね。それ以外も、たまたまその人が上手くなったときにやってたことを書いてるだけで、論理的には説得力ないものばかりって気がします。
上手くなるにはまずはフォームを固めろなんて言ってる人のことなんかはまず信じません。フォームを固めること自体は悪くはないと思うんですけど、じゃあどのフォームに固めたらいいんですか?って感じですよね。正解のフォームが分からないから上手くないわけです。スイングやらプッシュやらの投げ方も、投げ方は十人十色ですよね。日本人の気質なのか分からないけど、上達への道にレールを敷きたがる人が多いし、そのレールの上を走ることで安心する人も多いのかなって私は感じます。それで上手くなれるならそれもよしですが、やっぱり、正解がないと言われてるダーツにおいて投げ方の決め事を作るのは間違っているんじゃないかと思います。

だから私は、他人のアドバイスは気持ちだけ受け取るようにしてます。もちろん、こうした方がいいよと言われたことは試してみます。その上でよさそうなものは取り入れてます。
とまぁ、なんだか批判ばっかしてる感じになっちゃいましたが、要は正解は自分で探すのが一番の近道だと思っているわけです。

ダーツは、理論的には同じ投げ方し続けたら絶対入るし負けません。でも、それが出来るのは人間じゃありません。限りなく近づけることは出来ますけど、トッププロの足元にも及ばない人がそこを追求したところで無駄な努力なんじゃないですかね。

まずはいろいろ試すことが一番です。今、伸び悩み中の人が頑張って、立つ場所決めて、構える時はこうで、ここにテイクバックして、腕をここに伸ばすとかやっている人がいたら、一旦その考えを捨ててみませんか?

人の体も含め、地球上では日々環境が変化します。気温だったり湿度だったり天気だったり体調だったり年齢だったり。すべての状況で通用するフォームなんてないですよ。

まずは、こう投げるとこう飛ぶっていうのを、いろんなパターンで試して、今の自分に最適な投げ方を探すのがいいんじゃないかなって思います。試行錯誤錯誤が一番の練習法です。カウントアップだろうがクリケットカウントアップだろうが、どんなメニューでも構いません。それらをやってるとき、どれだけの情報を感覚としてインプット出来るかどうかが大事なんです。

感覚ダーツというのは嫌われてるように感じてますが、その感覚を磨かないと上手くなれないのも間違いないんじゃないかな。

分かりづらい文章を長々とすみません。まだまだ下手くそな私が偉そうに語っちゃってますが、そこは暖かい目で見守ってください。
ブログなんて自己満足で十分ですよね!