ダーツ 上達特集



ダーツ 上達 ありがとう。 いい~くすりです。



こんにちわ、こんばんは。
行きつけの店、だいたい潰れる
?木高志です。
ラクして強くなりたい
?木高志です。
1年半にもおよぶ、辛い辛いイップスの…沼の底から。 ようやく抜け出したのはいいものの、(本人は抜け出したと思っています)投げても投げても 万年Bフラ。

以前のように投げた分だけ後からジワジワ上達してくる気配がないので、
このままではダメだなー
角度を変えたアプローチを試してみる価値はある、と考え
最近は対人戦を積極的にやり初めました。
投げても投げても未完成で悩みは尽きず自分から声をかけてマッチしてもらうというチャンスを最近ずいぶん逃しているので。
毎日悩みながら、ときに気持ち良くなりながらソロで、夜な夜な何百BULLも打っていても
いざ外で対人戦となると、
当然ソロの時と同じリズムでは投げられず
打つ時は80~100以上打てても、
40や50台 なんてこともザラにありまして

その理由を探るためと、
対人戦のリズムで勝てるダーツのコツを掴むため
今後は投げ込みの継続以外にも
納得出来ていないながらも、
未完成な状態でも、
戦うための練習として、
内外での対人戦をもっと取り入れて行こうと計画しています。
新しい仕事での収入もようやく、少ないながらも 安定的に入って来るようになりそうなので。
個人的な理屈としては、
? 投げ込みの練習=自分の飛ばし方、入れ方、フォームなどを個人的に研究して カラダに染み込ませていくための時間。または、苦手項目をピンポイントで切り取って 練習していくための時間。

? 対戦=投げ込みの練習を実用化するための時間練習試合。

だと思っています。

…とはいえ、当然毎晩外で対戦したりするよーな時間もお金も、体力も ない身なので、
都合よく人がつかまらないときは
対人戦が出来ない時は
自宅のDARTSLIVE 200Sに搭載されたロボライバルを使って、練習試合。
対戦のリズムに慣れる、丁寧に投げる練習をしています。
プラクティスに没頭するのとは違った緊張感があって、なかなか楽しいですよ。
↑↑↑Rt.15メチャ強いです↑↑↑
トンアベ、ハットは当たり前。
逆立ちしても勝てません 笑
対戦していると絶望、岐阜の先輩のことを思い出します。
これだけ落差があるとあまり練習になりません。数ラウンドで、心が諦めてしまうので。笑
↑↑↑Rt.12 当然強いですが、何とか食い下がれる事もある感触。↑↑↑
緊張が切れたり、心のどこかに諦めが芽生えるとアウトです。笑
このくらい、格上をベンチマークに、普段から練習しておくと 良さそーですね。
軽々と100を超えてきました。惨敗。
先行逃げ切り→ナイスアレンジ成功も、アウトに失敗。クリケは圧倒されスト負け

打ち合いで健闘するも、届かず惜敗。

レイティングは一晩で8に乗りました。
大したアップもせず、調子は様子見ながらのゲームでしたが、
集中して投げるパワーは偉大ですね。
テクニックはなくとも、それなりに頑張れる。
なかば自動的に身体が投げている状態も
もちろん気持ちはいいですが、
試合じゃそれは再現出来ない。
まだ明確に体験した事はありませんが、試合には試合の、気持ち良さがあるはず。
勝ちにこだわって、練習していきます。
ほなまたのー?(^-^;☆